バラの写真

クィーン エリザベス

クィーン エリザベス

手間のまったくいらないほどの強健種。花の名前は、作出された年の前年1953年に戴冠式を挙げたイギリスの女王エリザベス二世の名前にちなんでいます。つぼみのとき、柔らかいサーモン色を帯びたローズ色で、開くと柔らかい桃色になります。

エリザベス女王の住むウィンザー城の広大な芝生の周囲には、数千本のクィーンエリザベスが栽培されているそうです。

系統:HT(ハイブリッドティー)
作出:1954 ラマーツ アメリカ
樹高:1.5~1.8m
香り:微香

ご来園の皆様へのコロナウイルス対策のお願い