イベント

春季山野草展が開催されています

花と緑の総合展「春季山野草展」が今日から始まりました。

おとぎの森館内のフラワールームとアトリウムガーデンには、山野草かたかご会・雄神盆草会・山野草つくりものの会 の会員さんによる山野草の作品が、沢山展示されています。

この作品は、去年の4月23日の山野草講演会の時に、かたかご会の薮田さんがつくられたものです。

↑制作時です。管理がきちんと行われていると、一年で見ごたえのある作品になるんですね。

この作品は、鉢に根っこが回ったものを半分にカットして、台に置き飾る事ができるようにしてあります。根っこを半分に切っても、生き生きとして元気なんです。生命力に驚きです。

大きくなるような植物も、小さく育てて思うような形に仕上げ 好きな場所に飾り楽しむことができるのが、山野草の醍醐味だそうです。

とても小さなスミレ「ヤクシマスミレ」です。

小さな作品にもそれぞれに世界があって、じっくりみると本当に面白いです。

この寄せ植えは、外に放置されていたものらしいです。作品として余計なところを整理してあげると、下の写真の作品の様になるそうです。これも技術やセンスが必要ですね。

相談コーナーや即売コーナーもありますよ。

春季山野草展は、12日(日)まで開催されております。

ご来園の皆様へのコロナウイルス対策のお願い